任意整理を依頼すること3

ここまで任意整理のあらましを紹介しています。任意整理とは何度も書いたように、多額の借金の返済の苦しむ債務者が、代理人に依頼して借金を整理することです。ここで言う代理人とは司法書士または弁護士で、資格を持った専門家のことを指します。代理人が依頼者である債務者に代わって債権者と交渉し、債務者が今後返済できる金額まで債務を整理し、債権者と合意ができれば債権者と新たに契約を結びます。債務者は新しい契約に基づいて今後毎月債務を返済していくことになります。これが任意整理、またの名を債務整理です。
ところで仮にもし皆さんが不幸にも現在多額の借金を抱えていて、毎月の借金の返済に頭を悩ませているとします。その場合、そして多くのケースでは利息の返済だけで精一杯となっているでしょう。利息の返済だけでは当然ながら借金の元本は減りません。実際にこういった状況に陥っている人の場合、なかなか借金の元本が減らずに悩んでいる人が多くなっています。もし素直に利息だけを支払ってそれで何とか借金を返しているような状況では、それは皆さんにとっては非常に重い負担となり、また多大なストレスとなります。ですが言うまでもなく借金の利息だけの返済に精一杯で借金の元本が減らないのならば、恐らく何の解決にもならないでしょう。多額の借金を抱えるといった苦境からは、ほぼ半永久的に抜け出すことはできないでしょう。では話をがらりと換えて、借金が全くなくなったとします。もし実際に多額の借金を抱えている人にしてみれば、それは遠い夢の話のように聞こえるかもしれませんが、仮にも現在の借金がなくなったとします。すると重圧から解放されることは言うまでもありません。借金を抱えた現在よりももっと集中して仕事や生活に打ち込むことができることは当然でしょうし、何より生活に余裕が出て生活を楽しむことができます。誰にも気兼ねすることなく、生活を楽しめるようになるはずです。皆さんはこんな借金のない生活と、多額の借金の返済に苦しむような生活と、どちらがいいでしょうか。勿論前者のほうがいいに決まっています。ですがこんな比較をすること自体無駄だと考える人も少なくないでしょう。この文章で言いたいのは、多額の借金の返済に苦しむ生活から抜け出す方法が実はある、ということです。現実に多額の借金に追われてしまったら、これはとてつもなく苦痛です。ですがここで諦めてはいけないし、投げやりになってもいけません。けっしてそこまで悲観することはなく、事態を打開するための方法を模索して欲しい、ということです。そしてそんな方法は実際に存在するのです。

Favorite

矯正歯科のデンタルクリニック金沢文庫
http://www.sugitakyousei.com/

2016/11/17 更新